赤ちゃんのベッド in 森の隠れ家

アクセスカウンタ

zoom RSS 多嚢胞性卵巣症候群とは −本ブログについて−

<<   作成日時 : 2013/04/01 01:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

多嚢胞性卵巣症候群。
普段人に説明するときは、「多のう胞性卵巣症候群」と書いて説明しています。嚢は書けないし、書けても読めない人もいるし、口で言うと普通の人は一回では聞き取れない名前なので。

初めて私が診断されたのはあまり覚えていないのですが、恐らく二十歳の頃だったかと。
もともと月経不順で、長いと4ヶ月も出血がないこともあり。ただ、二十歳ぐらいまでは周期が定まらないこともある、と聞いていたので、二十歳になってよし行くか、と産婦人科を訪れたわけです。
そこで既にあまり覚えていないのですが、内診と採血があって1回目は確か終了。2回目に行ったときに、この病名を言われました。

聞き慣れない名前にぽかんとしたのですが、先生が言うには、「ネットで調べたらたくさん出てくるよ〜、ただ話半分にしておくこと」と。早速帰ってネットで調べてみましたし、今もよく調べます。一番わかりやすくて信憑性のあるのがこのサイトです。

多嚢胞性卵巣症候群のページ

写真付きなのがとってもわかりやすい、というのもこの写真、主治医の先生が書いてる自分のカルテで何度も見ましたから。

とはいっても、医学的な話は難しくてよくわからない。血液検査の結果の紙も、既にどこかやっちゃったし・・・部屋のどこかにはあるんだろうけど。

というわけで、多嚢胞性卵巣症候群とは何か、という問いには、私の行ってる病院の先生の言葉を借ります。

「生まれつき排卵がへたっぴな卵巣で、ちょっとストレスとかあるとすぐ排卵できなくなっちゃう」

これはとってもわかりやすいし、かわいらしい説明なので好きです。
要は不器用な卵巣なんじゃないかなーと。いかにも私の卵巣っぽい。


と、まぁこんな感じで多嚢胞性卵巣症候群と、明るく上手に付き合っていけたらいいな、と思います。
で、少しでも悩んでいる方の力になりたい、と思って、以前「森の隠れ家」として書いていたこのブログを、多嚢胞性卵巣症候群関連のブログ「赤ちゃんのベッド in 森の隠れ家」へ改装することにしました。
多嚢胞性卵巣症候群について、私が知っていること、知りたかったことを、ブログで紹介していけたらな、と思います。

それではこれからもよろしくお願いします!



多嚢胞性卵巣症候群について、さっき見つけたこちらのサイトもご覧ください。お医者さんのホームページなのですが、かなり親切に書いてあります。まだお医者さん決まってなかったらここ行きたくなってたかも。わりと家から近いし。

川越駅前鍼灸整体院

他にもいいページがあったら追加していきます。
現在改装中なので、記事もちょこちょこ加筆修正するかもです。のんびりお付き合いください☆

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
多嚢胞性卵巣症候群とは −本ブログについて− 赤ちゃんのベッド in 森の隠れ家/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる